さて、今回もポークパンダ三歳の紹介です。
いくつかある特徴の一つですが・・・

「公演の度に劇中歌(主題歌)を制作する」
というのがあります。
これにもさして意味はなく、こだわりではありません。
これまでたくさんのたくさんの曲が創られてきたわけですが、
唯一動画で上がっているものを紹介しましょう。
本番ではなく、それに向けての練習風景の動画ですので
歌詞も聞き取れないところがたくさんあるかと思います。
なので歌詞も一応書いておきます。
お暇でしたら口ずさんでみてください。
きっと楽しいですよ。
↓ ↓ ↓
 
第2回本公演「コタツのある部屋」より

  「おバカのうた」

作詞 井上ゴム 作曲 おがたひろのり

おバカ おバカ おバカの日常

おバカ おバカ おバカの日常
おバカ おバカ おバカの体操
おバカおバカ 
1,2,3,4!


(自意識に満ちた間奏)


楽しいことがなさげな世界でも楽しげ

 (ビールがおいしいですわ!)
笑えないことばっかりの会社でも笑える
  (HAHAHA!)
女性にね 何度もね 潰されても動いてる
  (ギリギリね?)
子どものね 親権めぐって元妻と裁判
  (負けましたわ!)
借金取りが 昨日も来たよ
  (お金は大事ですわ!)
原因不明の 睡眠障害だ
 (ねえ、どこまでが夢?)


(語り)

知りたくはなかった 

想像以上に世界はぐちゃぐちゃですわ 

だからだから

だからこそって話でしょ?


(自意識に満ちた間奏)


今日も股間のタンポポを飛ばそう

心の春先を狙って飛ばそう
同じような路地裏で
同じ顔の花が咲いていても
同じような花たちが同じタンポポ飛ばしても
 (ヒューヒュー!)
同じ苦しみが待っていてもても待ってても
ビールのうまさはきっと変わらない
 (あれって苦いよね?)


おバカ おバカ おバカの国を

おバカ おバカ 創りましょう

おバカ おバカ おバカだけの

おバカ おバカ 花畑

おバカ おバカ おバカたちの

おバカ おバカな笑い声が

おバカ おバカな世界の歪み

いつかどうにかするだろう