さて前回は

ユニット『高松虎の会』
が誕生したところまで書いていたと思います。
お酒の席での何気ない会話の中で
このような表現ユニットができることはそう珍しいことではないのではないでしょうか。
しかし、
このユニットは最初から大きな問題をはらんでいました。

一つは
高松よしのり氏の滞在期間が
一か月間しかないということ。


そしてもう一つは
演出をつけるべき井上ゴムが

週に1度か2度ほどしか稽古に参加できず

さらに本番の日もほぼ参加できないということ。


前者の問題で引き起こされることは
脚本の濃密さに対して
稽古日数・準備に関するすべてが足りないということでしたが、
細かいことは考えず、

とりあえず高松氏がセリフを
覚えようということになりました。

本番の会場や出演者も
練習しながら確保すれば

なんとかなるはずだということになり、

情宣にいたってはまったくできないけれども、

それもやむなし、となりました。


後者の問題に至っては一見前者よりも致命的なものですが、
そもそも演出が不在だと
表現は追及できないのかどうかを

みんなで検証しようという
考え方と気概に変わりました。

具体的には演出不在の日は役者たちが
自主的に稽古をし、

演出は来た日に一気に内容を整え、

次に来るまでに役者がクリアしておくべき課題を提案する、

という形式でやってみることになりました。


しかし、
いざ練習が始まると、
その大変さを思い知らされない日はありませんでした。
膨大な台詞の数、

解釈の難解さ、

それを表現することの難解さ、

そして助演の前では露骨に手を抜く
高松氏の癖の悪さ、

それらすべて演出がいれば早急に解決するかもしれない問題が次第に充満していき、
役者、助演ともに迷走を繰り返し、肉体、精神共に追いつめられていったようです。

しかし
少しずつ進むべき道が明らかになっていくにつれ、
稽古はとてもクリエイティブで楽しい空間になっていったようです。
それにちなんでキャストも少しずつ決まっていき、
最終的に高松氏の相手役は3人の役者による
トリプルキャストとなりました。

DSC_0569
↑ ↑ ↑
最初に高松氏の相手役に選ばれた坂本ゴンタ。ポークパンダ三歳好きには言わずと知れた存在。

 1418834249503

↑ ↑ ↑
次に選ばれたのは池崎友紀。プロの人形劇団の方です。

66666666666666666666
↑ ↑ ↑
最後に寺川長。彼の存在がこの作品の方向性を決定しました。

1418748784940
↑ ↑ ↑
稽古風景。高松氏、なかなか台詞が入りません。しかしこの役はおそらく彼にしかできません。

1418748791780

↑ ↑ ↑
急遽、生演奏が入ることに。演奏は超絶ギタリストのロキヒーア闇巫女。

演出の思い付きで、構成や内容がどんどん変わっていき、

それらが不思議に溶け合ってきたころ
本番になったわけです。
今回に関しても本番関係の写真は一切ありません。
ちなみに本番の3日間のうち、
演出がいたのは楽日のたった1日のみ。

いったいどのような作品になったのか、
本番は成立したのかどうか。
成立したとしたらいったいどのような工夫を凝らしたのか。
ぜひ、皆さん想像してみてください。